酒類販売の免許申請を依頼されたクライアントの免許が下りました!

おめでとうございます。

 

今回は、一般酒類小売業と通信販売業の同時申請でした。

コロナ禍で従来の売上がダウンしているので、これをきっかけに挽回しよう!と喜ばれていました。

 

ところで、国税庁のホームページには、一般酒類小売業と通販の申請書類関係が、別々にアップされていて、小売と通販の免許を同時に取得したい方のためのページがありません。

一般小売免許を取った後で、通信販売免許を足す(条件緩和)ことを想定しているんですかね。

今は、コロナの影響もあって、通信販売は絶対に欠かせない販売手法ですよね。

 

一度は、税務署に相談に行ったけど、申請手引きの冊子を渡されても、わからないってことが多いようです。そう、何を質問、相談したら良いかも難しいですよね。

酒類販売業免許の申請方法には、コツがあります。

 

早く免許を取りたい、免許の取り方がわからない、・・・そんな方たちのために行政書士がいます。

気軽に、そして安心してご相談ください。

 

 

お気軽にご相談ください

酒類販売業に関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

お電話での問合せ・相談

まずは「酒類販売業免許の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
[一般酒類小売業通信販売酒類小売業輸出酒類卸売業免許輸入酒類卸売業その他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)