酒の販売には酒類販売業の免許が必要です

【酒類販売業免許申請サポートセンター】は、大阪市淀川区東三国にある行政書士木下喜文事務所が運営しています。

酒類販売業免許は販売先や販売方法、扱う酒類品目によって、取得される免許が異なります。また、人的、場所的、経営基礎などの各要件も満たさなければ免許を取得することはできません。

まして、初めて酒類販売を手掛けようとご自身で免許申請にチャレンジしたら大変は労力が必要となるはすです。
是非、この機会に酒類販売業を始めたい皆さまを当事務所に応援させてください。

 

 

酒類の販売業を営もうとする場合、酒税法に基づき、販売場ごとにその所在地の所轄税務署で、酒類販売業免許を取得する必要があります。

また、酒類販売業免許は仕入先や販売先、販売方法、扱う酒類の品目によって免許が細分化されています。それぞれの免許に応じた要件をクリアしなければ免許は付与されず、酒類の販売が開始できません。

 

このようなことでお困りではありませんか?

  • 新規で酒類販売店を開業したい。
  • 取引先の飲食店からお酒を扱ってほしいと頼まれた。
  • お酒をインターネットで販売したい。
  • 海外産ワインを輸入したい。日本酒や焼酎を海外に輸出したい。
  • お酒の小売店に卸売りをしたい。

 

酒類販売業免許申請の手続きは、いろいろと免許要件を調べたり、申請書類を作成したり、かなりの手間と時間がかかります。
忙しい日常業務の合間にこの作業をすることはとても大変なことです。まして、開業準備を並行しながらではなおのことです。

しかも、酒類販売業免許を取得をしようと、事業所管轄の税務署に出向いても、詳しく相談できる担当者は常駐していません。個別具体的な質問や相談をしたい場合は、酒類指導官設置の税務署に出向き、所轄税務署を担当する指導官と打ち合わせをする必要があります。申請書等の記載方法や提出書類の確認などは直接に審査をする担当官に事前にしておけば、その後の審査をスムーズ進めることができます。

 

こういった面倒な書類作成や税務署への手続きを当事務所にお任せいただければ、手続きに関する様々な手間を省略することができますので、ご本人の申請の場合と比べて営業開始時期が格段に早くなることはもちろん、手続き進行中にも開業準備や経営戦略を練る時間を多く確保することができます。

 

当事務所のサポートは・・・

▶酒類販売業免許取得申請のご相談から要件確認、申請書類一式の作成、添付書類の取寄せ、申請の代行というようにご依頼者様の最も楽なフルサポート制を採用しています。

▶報酬は、必要経費全て込みの料金(各種証明書取得・郵送料・交通費等込)ですので、依頼前に費用の総額が分かりやすいと好評を頂いております。

 

業務対応地域

大阪市、吹田市、茨木市、摂津市、池田市、箕面市、高槻市、豊能郡などの北摂地域を中心に
対応しています。もちろん、大阪府下、兵庫県、奈良県、京都府の事業主様からのご依頼も大歓迎です。

 

まずはお気軽にご相談ください

酒類販売業免許に関して、申請要件、費用など、ご不明なことやご相談がありましたら、
お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

images (31)

お電話での問合せ・相談

まずは「酒類販売業免許の件で」とお電話ください。

06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

[

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
[一般酒類小売業通信販売酒類小売業輸出酒類卸売業免許輸入酒類卸売業その他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)