輸入ワインをインターネットで販売したいという要望で受任しました「通信販売酒類小売業免許」が下りました。

国産ワインではないので、酒造業者からの証明書も不要です。

全く酒類販売には関わりのない法人でしたが、酒類販売免許取得には問題ありません。

 

責任者の方には、酒類販売管理者講習を受講していただき、インターネットの販売ページもスムーズに作成提出いただきましたので、通常申請から免許通知まで2か月掛かるところをなんと1か月ちょっとで免許が下りました。おめでとうございます。

 

酒類販売業免許取得の要件の簡単かつ重要なポイントは、予定販売場がお酒の販売に対して、例えばオーナーから承諾してもらえるか?3事業年度の決算が黒字傾向かどうか?特に通信販売では、ホームページの見せ方(酒類販売の条件をクリア)はどうか? になるでしょう。

 

コロナ禍で、非接触で対応できる通信販売の需要が増大傾向ではありますが、やっぱり販売するお酒に特徴があることが大切ですね。

 

お気軽にご相談ください

酒類販売業に関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

お電話での問合せ・相談

まずは「酒類販売業免許の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
一般酒類小売業通信販売酒類小売業輸出酒類卸売業免許輸入酒類卸売業その他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)