条件緩和申出が必要なケース

「指定されている品目以外の酒類を販売したい」、「輸入だけでなく輸出もしたい」など現在付与されている免許の条件を広げるためには、事後の申告ではなく「酒類販売業免許の条件緩和の申出」をすることができます。

申出手続きですので、審査を経て通知があってから販売営業ができます。新規免許交付申請との違いは、決算については問われないことです。

例えば、直近の決算で債務超過になっていても、そのことは問われません。しかし、納税証明書提出が求められる場合は国税・地方税の滞納があると申出は認められません。

 

条件緩和申出の例

・一般酒類小売業免許に通信販売を追加する

・通信販売酒類小売業免許に店頭販売(一般酒類小売業免許)を追加する

・通信販売酒類小売業免許に国産酒類の品目追加や輸入酒を追加する

・輸入酒類卸売業免許や洋酒卸売業免許に一般酒類小売業免許を追加する  など

 

条件緩和申出サービス料金

サポート業務 報酬額(税別)
酒類販売業免許の条件緩和申請 50,000円

※ケースにより別途、登録免許税が必要な場合があります。

 

お気軽にご相談ください

酒類販売業に関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

お電話での問合せ・相談

まずは「酒類販売業免許の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
[一般酒類小売業通信販売酒類小売業輸出酒類卸売業免許輸入酒類卸売業その他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)