初めて酒類販売免許を取ろうとすると・・・

飲食店にお酒を卸す(販売する)免許を・・・卸業の免許を取るんだと

勘違いされる方がいます。

 

飲食店に販売する、免許は一般酒類小売業免許なんですね。

この一般酒類小売業免許があれば、飲食店にも一般顧客にも販売できるようになります。

 

さて、しばらくして、業績も順調に推移し、お酒の通信販売業の免許も欲しくなりました。

通信販売業の免許も前に取った小売業と同じように、書類や証明書もセットして

申請しないといけないのでしょうか?

 

実は、ここで「条件緩和の申出」をすると、

前回より書類セットも楽な追加申請(申出ですが)ができます。

 

このように、免許の追加や扱うお酒の品目を追加する場合などに

「条件緩和」を使いましょうね。

 

 

お気軽にご相談ください

酒類販売業に関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

(NEW!⇒zoomでオンライン相談会を始めました。オンライン相談希望とお伝えください。)

 

お電話での問合せ・相談

まずは「酒類販売業免許の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
[一般酒類小売業通信販売酒類小売業輸出酒類卸売業免許輸入酒類卸売業その他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)