中国に清酒を輸出したいという相談から始まり、2か月で卸売業の免許がおりて、担当者に同行しました。

今は、新型コロナの影響で中国の飲食店も開店休業の状態のようです。

この騒動が終息したら、ガンガン商売をしてほしいと思います。

 

輸出酒類卸売業免許ですから、貿易上の実務経験が問われます。これは、お酒以外の貿易の経験がある程度ある担当者(役員でなくてもよい)を雇用していれば大丈夫です。

仕入先と販売先の免許取得後に取引をしますという承諾書も必要です。

承諾書の内容に、清酒、リキュールなど酒類税上のお酒の品目を記入しておけば、そのお酒に関しては輸出卸ができるということです。

 

管轄の酒類指導官と事前に相談をしますので、スムーズに書類申請ができ、標準審査期間通りの2か月で免許が取れて良かったです。

酒類卸売業免許>>>

 

お気軽にご相談ください

酒類販売業免許に関して、ご不明なことやご相談がありましたら、お電話または下記のお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

 

お電話での問合せ・相談

まずは「酒類販売業免許の件で」とお電話ください。
06-7165-6318

<受付時間 10時~18時>

※業務の都合上、電話に出られない場合があります。
留守番電話対応の場合は、お名前とご連絡先等のメッセージをお残しください。のちほど当方よりご連絡差し上げます。

メールでの問合せ・相談

365日・24時間、いつでも受付中です。
お問合せいただた内容については、原則24時間以内にご連絡させていただきます。

■お問合せ・ご相談項目(必須)(✔を入れてください)
一般酒類小売業通信販売酒類小売業輸出酒類卸売業免許輸入酒類卸売業その他

■お名前/会社名 (必須)

■メールアドレス (必須)

■電話番号(必須)

■問合せ・相談内容(必須)