中国に清酒を輸出したいという相談から始まり、2か月で卸売業の免許がおりて、担当者に同行しました。

今は、新型コロナの影響で中国の飲食店も開店休業の状態のようです。

この騒動が終息したら、ガンガン商売をしてほしいと思います。

 

輸出酒類卸売業免許ですから、貿易上の実務経験が問われます。これは、お酒以外の貿易の経験がある程度ある担当者(役員でなくてもよい)を雇用していれば大丈夫です。

仕入先と販売先の免許取得後に取引をしますという承諾書も必要です。

承諾書の内容に、清酒、リキュールなど酒類税上のお酒の品目を記入しておけば、そのお酒に関しては輸出卸ができるということです。

 

管轄の酒類指導官と事前に相談をしますので、スムーズに書類申請ができ、標準審査期間通りの2か月で免許が取れて良かったです。

酒類卸売業免許>>>