「大阪 酒類販売免許 行政書士」タグの記事一覧

酒類小売業者の義務

酒類販売免許ガイド

酒類小売業者の義務 酒類小売業者(通信販売業者を含む)は販売場ごとに、酒類販売業務に従事する者のうちから酒類販売管理者を選任し、届け出て、酒類販売管理研修を受けさせる義務があります。 ①酒類販売管理者選任義務 酒類小売業 […]

酒類卸売業免許

酒類販売免許ガイド

酒類卸売業免許 酒類卸売業免許は、酒類販売業者や酒類製造場に販売するために必要な免許です。 販売対象はお酒の小売業者や製造場となるため、一般消費者・酒場・料理店に対する販売はできません。 輸出入酒類卸売業免許 日本酒や焼 […]

通信販売酒類小売業免許

酒類販売免許ガイド

通信販売酒類小売業免許 通信酒類小売業を始めるには、通信販売酒類小売業免許を申請しなければなりません。 通信販売とは、「2都道府県以上の広範な地域の消費者に対して、商品の内容、販売価格その他の条件をインターネット、カタロ […]

酒類販売業免許ガイド

酒類販売業免許について 酒類を継続的に販売するためには、販売場ごとにその所在地の所轄税務署長の免許を受ける必要があります。 また、本店で酒類販売業免許を受けている場合であっても、支店で酒類販売業を開始する場合は、新たに支 […]

ページの先頭へ